ゲームヒストリー:ゲームは僕が体験できなかった人生の追体験 笠井琉司編

キービジュアル

目次

こんにちは、オトナ帝国です。

そして笠井琉司さんのお友達の皆さん、こんにちは。 今回は笠井琉司さんのゲームにまつわる話をインタビューしてきました!

オトナ帝国では、各回ゲストをお呼びしてゲームヒストリーを教えてもらってます。今回はその第2回!!

多くの名言を残してくれましたので、ゆっくりしていってください~

ゲームに触れ始めたのは3歳から

-----これまでのゲーム歴史を教えてください

兄の影響もあって3歳とかから触り始めていたと思いますね、
スーパーファミコンでのドンキーコングが最初です。無機質な音楽とジャンプモーションがメイン動作でシンプルなゲームでしたね。

幼稚園時代にはその後ロクヨンとポケモン赤緑青を同時期にやってましたね。家ではロクヨン、外ではポケモンみたいな形で。

思い返す琉司さん

小学生になったときにはGamecubeにうつり、マリオパーティを兄と2人・NPC2人で遊んでました。

小学校高学年から中学生のときぐらいに、Wiiで初めて任天堂じゃないゲームを遊んだんですよ。そこで初めてのモンハンシリーズ!
モンスターハンタートライが初めてのモンハンでした。

さらにPSPも買ってモンスターハンターポータブル2ndGを遊ぶようになって、モンハンライフを過ごしてましたね。

高校生のときになると、少しゲームの接し方も変わってきて、ブラウザゲーム・ボードゲーム特にドミニオン、スプラトゥーンをやり始めました。

さらに大きな変化として、PCでゲームをやれることを知って、steamインストールして、いろんなゲームを遊ぶようになりました。

大学時代には、モンハンがうまい友人に出会って、モンスターハンターアイスボーンをその友人と兄と3人で遊ぶことが増えましたね。

あとはデッドバイデイライトをやるようになりました。
ここでまたタイミングが合えば、兄と一緒に遊ぶようになって・・ 兄が家を離れてから、オフラインではなくオンラインゲームでつながれるのは革新的でした~。

英才教育からモンハンそしてPCゲーム

-----ポケモン赤緑青始めたの早いですね

そうですね、当時は内向的な性格で、家を出たがらない性格だったんですよ。「一歩も家を出たくない。」と。
それでも正月に祖父母の家に行くときに、長い時間電車に乗らないといけない。「もう耐えられない(涙)」ってなってて(笑)
そこで親から与えられたのがゲームボーイでした。

当時はよくわからなかったけど、「サイドンが強い」とか「とにかくじわれ打っておけばいい」とか、レベル上げができず、先頭の一匹だけが強いパーティーでゲームしてました(笑)

ダイマックスピカチュウTシャツで登場

-----小学校最年長のモンハンは結構友人たちと一狩り行ってました?

結構行ってましたね。学校終わって、バスケやっていたメンバーとそこと仲良かったメンバーが集まって、公園とかに10何人集まって、通信して遊んでましたね。
ハンターランクは足りているのか、いないのか、とかね(笑)。

この時、他人とゲームをするのが面白いな、と思いましたね。

-----高校時代にはPCゲームを遊んだ

自分のノートパソコンを買って、結構Webフリーゲームを遊びましたね。

当時RPGツクールMVが出てきて、大好きな製作者に出会いました。

この人はいまだに追いかけているぐらい、好きなんです。

-----差し支えなければ、なんて方なのか教えてください

"kotonoha"さんという方です。
ゲームシナリオがすごく好きで、色々な人のゲームを遊んだのですが、この方のゲームは飛びぬけてよくできていて、追っかけてました。

ゲームにおけるシナリオの重要性

-----ゲームを遊ぶ上で大事にするものは何ですか?

ゲームを遊んでいる中でストーリーをめちゃくちゃ気にしてますね。

特に一番好きなゲームにペーパーマリオシリーズがあるんですけど、それもストーリーがすごく気に入ってます。

折り紙キングでは、本来感情移入ができない文房具たちに魂が与えられた、その結果、それぞれの文房具の色々な発言には、色々なメッセージが隠されている。

考えていくと・・結構心に来るんですよね・・・

ストーリーには熱い思いを持っている

-----どういうストーリーなのでしょうか。

ひとりの折り紙の女の子と旅をする中で、そのお兄さんが悪役なのですが、兄弟の因縁と仲良くできない背景が少しずつ紐解いていくゲームです。

紙の世界で、アニメーションが独特なのですが、そこには人間たちよりリアルな感情が隠されている。

さらに、このお兄さん完全な悪役でもなく、、1つの1つのステージをクリアしていくことで進んでいくのですが、
クリア後には、、「クリアしなければよかった」、と、クリアしたことが心を締め付けてくる、そんな風に思わされるんです。

僕は心にくさびを打たれたしまっています。

-----ストーリーを大事にするきっかけはありましたか。

アクションとして楽しいはもちろんずっと大事で、シナリオとして・読み物として楽しいはかなり重要ですね。

高校時代のフリーゲーム体験、特に"kotonoha"さんをはじめとするシナリオ重視のゲームをプレーしたことが大きな転換点だったと思います。

プレイングでインパクト感じたゲームはモンハンみたいなゲームで間違いないんですけど、、ゲームの好きが明確に「シナリオ・ストーリー」になったのはフリーゲームを遊んだ時期で間違いないですね。

一緒に遊んでくれる友達へ

僕の世代は意外とゲームを遊ぶ人が少なかった。下の世代だとSwitchとかやっているけど、、ちょうど空白の世代な気がする。

世代の中では少ない中で大学時代モンハンを勧めてくれた友人には本当に感謝ですね。

それと僕と同じようにPCゲームをやっている友人にもいろいろなゲームを紹介してもらえたことも本当に感謝しています。

-----そんな友人へのメッセージをお願いします。

今は社会人1年目で身を粉にして頑張っているけど、僕と一緒じゃなくてもいいので、時間があるときには好きなゲームを続けていてほしいな、と思います。

忙しさに、もまれていると、どうしてもゲームから遠のいてしまうときがあるじゃないですか。
それでもまた戻ってくる場所にゲームがあると、気が向いたときに「一緒にやろうぜ」となれると、嬉しいな!と思ってます。

生まれた時からそばにいる兄の存在

-----お兄さんはどういう存在ですか?

もちろん家族です。ただ、友達でもあります。

友達はもちろんたくさんいるが、ゲームをやらなかったり、ゲーム趣味が異なったりということは多いわけで・・
その点ゲームをやろうってなった時に、「あ、俺も買うから一緒にやろうよ」ってなる点において、自分の趣味の一番の理解者なんだと思います。

ゲームに関してだけ言うのであれば、得手不得手が明確に分かれているので、兄の壁は越えられないし、自分の壁は越えさせたくない。
ライバル的な要素もありますね。

スプラは兄が優れている、ポケモンだったら自分、みたいにお互いがそれぞれ壁打ちができる、という点もありがたい存在です。

-----そんなお兄さんにコメントお願いします

難しいな~、、、(笑)

少し照れながらも想いを言葉に

新しいゲームが出たら、一緒にやろうと言ってくれるのは嬉しい。
なんて言うんだろうな。。
楽しい、楽しくない、を買う前に決めなくなったこともすごく嬉しい。
僕は雑食なので買って失敗したと思っても続けると楽しかったりすることもある中で、兄は長く貪欲に楽しむタイプで、少しタイプが異なる。
タイプが違うけど、一緒に遊んでくれるのはありがたい。

あ~でも違うな・・・
ゲームを一緒にやってくれるのがいいんじゃなくて、一緒に遊びたいからゲームを一緒にやれている気がします。

この年齢まで一緒に遊んでくると、おじさんになっても一緒にやると思うので、兄の子供も含めて、一緒に楽しめればいいなと思います。

改めてメッセージを言うって程でもない、普段から言ってるつもりなので。
多分このままの感じなんかなと思います。

オトナになった時のゲームとは?

真剣に語ってくれました

僕が体験できなかった人生がゲームにある。

もしかしたらapexみたいな銃を打ち合う世界に生まれ落ちたかもしれないし、魔法があったりポケモンの世界にいたのかもしれない。

あくまで僕らは外側で見て、追体験するしかできない、それが面白さ。

それを好きな時に好きな追体験ができる、ある種図書館みたいなものに感じる・・・

「誰でも見れるけど、そのストーリーは自分しか体験できない」、これがゲームのいいところだと思っています。

りゅーじさんプロフィール

編集後記

お兄さんから始まって、弟さんへのバトン。
兄弟の仲がすごくいい、というのはお聞きしていて温かい気持ちになれました。

「ゲームでつながる兄弟愛」これも今でこそ当たり前なところはありますが、僕らの世代からなのではないでしょうか。

そしてストーリーを大事にしたい思いにはすごく共感できました。それを追体験できる面白さ、、わかります!!
綺麗に表現してくださり、ありがとうございました。

ゲームにまつわる皆さんのストーリーを通じて、皆さんも思い出の一つや二つ、思い出して懐かしくなっていただきたいな・・

懐かしくなった皆さん、ぜひオトナ帝国で遊んでみてください~

https://otona-teikoku.com/

お兄さん・ゆーさくの話はこちらから!

それでは★

カテゴリーから記事を探す