ホグワーツレガシー評価(期待大)・どんなゲーム、原作との関連について

キービジュアル

目次

こんにちは、オトナ帝国です。
今回は2023年2月10日発売予定の楽しみなゲーム、ホグワーツレガシーについてでございます!!!

来ました、ついに来ました。
流行りのオープンワールドに、魔法の世界「ハリーポッター」の参戦です。

この記事では、発売日からどんなゲームなのか、原作との関連についても触れていきたいな、と思います。
発売前のいろいろな期待についても確認していきたいと思います!

ホグワーツレガシーの発売日

ハリーポッターの世界

まずは、発売日ですが、ハードによって異なるという少し変わった形になっております。

PS5/Xbox Series X|S/PC版:2023年2月10日
PS4版/Xbox One版:2023年4月4日
Nintendo Switch版:2023年7月25日

これは逆に期待しちゃいます。
この期間のずれについては、おそらく新型ハードに合わせて作られていることを意味しており、それは映像などのクオリティーにこだわった結果、処理が大きくなったためのPS4などでのリリース遅延なのかと思われます。

心配するところとしては、、めちゃめちゃ重いかもしれないというところですね。。
操作ラグや画面フリーズが多発することがないといいのですが・・

ホグワーツレガシーはどんなゲームか

ストーリーの根幹

古代魔術

「ホグワーツレガシー」は、19世紀後半のホグワーツを舞台に、転校生として魔法学校に転入した主人公が強力な古代魔術と出会い、この古代魔術が復活した理由を探りながら、その古代魔術を悪用を目論む敵と戦っていく魔法RPGです。

忘れられた古代魔術を調べながら、主人公は魔法界の命運を握ることになります。

レベリング/能力向上要素

見たことある寮の振り分け

主人公は、グリフィンドール・ハッフルパフ・レイブンクロー・スリザリンの4つのどこかのおなじみの寮に入り、魅力的な寮仲間に出会います。

寮仲間と一緒に呪文学・防衛術・薬草学・魔法薬学などなど、こちらもシリーズおなじみの授業を通じて、様々な魔法/魔法植物/薬の作り方を学んでいきます。

オープンワールドならではの探索要素

ほうきでの移動ができる

さらに、城の探検を通じて、秘密の通路/地下牢などの隠されたダンジョンや魔法や思考力が必要なパズルなど、ホグワーツ城のいろいろな場所に行くことができます。

もちろん、城の外も魅力的です。城の外には危険な謎、例えば特にゴブリンの反乱、邪悪な魔法使いなどが暗躍しており、授業などを通じて得たスキルを用いて、戦っていくことになりそうです。

また、移動の中では「ほうき」で空を飛ぶこともできるようです!
これは移動を楽にしてくれるでしょうし、空を飛ぶことでしか行けないエリアもありそうです。

多彩な戦闘要素

迫力ある戦闘シーン

戦闘においては、もちろん多くの敵。さらに多くの戦い方があるようです。
直接襲ってきたり、麻痺させてきたり、こちらも麻痺させたり、行動不能にさせたり、と多彩なアクションが期待できます。

呪文を学び、攻撃と防衛を鍛えていくことで戦闘を制していく、
この辺りは授業とも大きな相関がありそうです。ちなみに呪文の種類は数十種類もあるようです。

魔法薬でバフをかけたり、魔法植物はおとりにしたり、おなじみマンドレイク(秘密の部屋で登場)で相手を行動不能にするなどもありそうなので、戦闘に関してはかなりのやり応えがある気がします!!

叫び声を聞くと恐怖のあまり卒倒してしまうというマンドレイク

サブクエスト要素や収集要素もありそう

偉大な魔法使いマーリンが在学中に作ったパズル

おそらく、サブクエスト/収集要素もたくさんありそうです。

探索各地のチャレンジでアビリティをこなしたり、寮の仲間とのイベントをこなすことで呪文の威力を上げるなど、サブクエストに通ずるものもありそうで、ボリュームには期待できます。

もちろん装備・およびその素材を買ったりもですし、植物を育てたり、何かをクラフトしたり、強化したりとうのを「必要の部屋」という部屋もあるようです。

また寮の仲間は時に冒険に同行してくれたり、時にアビリティを教えてくれたり、またさまざまなヒューマンストーリーもあるようなので、、こういう類のサブストーリーもありそうです。

原作および原作キャラとの関連について

さて、原作との関連についても調べてみました。原作が好きな方にとっては、原作との関連・原作キャラとの関連は気になるところですよね。

今回の舞台が19世紀後半であり、ハリーポッターの世界は基本的には1991年にホグワーツに入学する物語であるとすると、そこまでの相関はないのかもしれません。

しかし、談話室などの見慣れている部屋や施設、そしてなんと一部見覚えのある顔も本ゲーム中には登場します。

例えば、本作ではユニバーサルスタジオジャパンでも再現されたホグズミード村が登場します。

USJで再現されたホグズミード

魔法の村ホグズミードでは魔法装備・魔法薬の材料/レシピ・魔法植物の種が販売されているようです。

ちなみに映画作品の中では、ハリーはアズカバンの囚人で「忍びの地図」をもらって、ホグワーツ城からホグズミードに抜け出すシーンなど、ハリーポッター作品の中では重要な場所と言えます。

さらに見覚えのあるキャラクター「ほとんど首無しニック」の登場も確認できました。

見覚えのある顔ですね(笑)

常に生徒の味方の立ち位置であることを踏まえると、今作でもいくつかの形で助けてくれることが想定されますね。

さらに、前述した「必要の部屋」もあるのはわくわくします。「あったりなかったり部屋」とも呼ばれている部屋ですね。
今回は、おそらく自分の装備を整える場所、の位置づけのようです。

必要の部屋で装備を整える

実は、「必要の部屋」は映画作品でも出てきており(例えば不死鳥の騎士団ではダンブルドア軍団会合の場所として登場)、さらにこの部屋は「忍びの地図」では登場しない・ホグワーツ城8階の廊下に存在などの設定もあります。
さて、ゲームではどこまでの表現されているのでしょうか・・・!

オープンワールドでホグワーツ城を探索できることを考えると、いくつかの作品の中で登場した場所に足を踏み入れることができるかもしれません。

これを機に映画作品を一気に見直ししてみて、実際にあったシーンの場所に訪問するという遊び方はすごく魅力的ですよね。

ハリーポッター映画見直しはU-NEXT

映画『ハリー・ポッター』シリーズの動画を見たいなら、シリーズ9作品を配信中のU-NEXTがおすすめです。

初期登録時のポイントでハリーポッターシリーズを無料で観ることができるので、さくっと映画見るだけ見ちゃうっていうのもあり!

さらに、U-NEXTでハリー・ポッター20周年記念作品『リターン・トゥ・ホグワーツ』を独占見放題配信中なのです。

『リターン・トゥ・ホグワーツ』は、ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフ、ロン・ウィーズリー役のルパート・グリント、ハーマイオニー・グレンジャー役のエマ・ワトソンをはじめとする全8作品のキャストとクリス・コロンバス監督などが再集結するスペシャル番組です。

これはファンにとってはうれしいこと間違いないでしょうね。

もちろん、U-NEXTではハリーポッター以外の見放題放題作品も数多く(No1のラインナップ)もハリーポッターも含む書籍や雑誌も見れる、そして31日間無料でサービスを無料で試せるという意味で魅力あるサービスです。

2023年1月時点では、他の映像サービスでは有料レンタル作品として見れても少し高かったり、無料期間がなかったりするなど、の弱点があり、U-NEXTがおすすめです!

最後に

今回はホグワーツレガシーについて、まとめてみました!
いや~~~楽しみな作品ですね。

ゲーム自体のアクション性・ストーリーもさることながら、シリーズのファンであれば、原作との関連性が楽しみでしょうがないのではないでしょうか。

一度は見たことがある映画「ハリーポッターシリーズ」をゲームの世界で体感できるのは本当に楽しみですね。

それでは★

カテゴリーから記事を探す